明るい未来を空想する文筆家

もの事の捉え方や、気づき発信中。明るい未来や楽しいことを見つけて書いています

ネガ感情は、感情ではなく行動で解決しました

ブログをご覧いただきありがとうございます。

あやこです。

 

行動のチカラを改めて感じることがありました。

いつも通り(考え事が止まらないタイプです)、モヤモヤしている時、いくらポジティブ思考や違うことを考えたりしても拉致があかなかった感情が、近所の木々が生えている道を歩いただけで、解決していました。結局、悩んでもしょうがない、という結論に達したわけですが。

 

モヤモヤしたり、行き場のない感情は、感情でなんとかなるものではなく、行動であっさり解決するのだと実感。

「感情には感情で対処」ではなく、

「感情には行動で対処」が正解でした。

 

今日も素晴らしい一日を。

頭の中までキラキラさせよう

ブログをご覧いただきありがとうございます。

あやこです。

 

頭の中をキラキラさせよう。

 

SNSの写真で、キラキラした日常や非日常が溢れている時代。

 

さらにこれからは、頭の中までキラキラさせてしまうのは、どうでしょう。

 

 いくら現実世界がキラキラしていても、心の中や頭の中がグレーでどんよりしているのはもったいない。目の前の世界をキラキラと切り取るように、頭の中も、キラキラさせてしまうのです。

 

頭の中キラキラってどういうこと?と思われるかもしれませんが、簡単に言えば、空想するということ。目に見えているものに関係なく、心の中で、理想やワクワクする世界を思い描くのです。

 

きっと多くの人が、子供の頃にやっていたと思います。学校から家への帰り道、ルンルンと鼻歌を歌いながら、なんの変哲もない普通の道を楽しく歩いて帰っていたはず。

 

その時の気持ちを思い出して、思考もキラキラさせてみると、いつもの日々がキラキラしてくる事に気づくと思います。

 

見える世界も、見えない想像の世界も、キラキラが楽しい。ひたすらキラキラさせると、現実が変わって来ます。

 

今日も素晴らしい一日を。

 

自分をご機嫌にする方法を知るのに、遅すぎることはない

ブログをご覧いただきありがとうございます。

あやこです。

 

ここ数日、体調を崩しておりましたが、無事回復しました。その中で学んだこと。

 

私は、体調の善し悪しが、機嫌に直結するタイプです。頭が痛かったり、寝不足だと、とたんに機嫌が悪くなります。もちろん大人なのでなるべく機嫌よく振る舞いますが、夫に当たってしまうことも。(夫よゴメン)

 

以前、会社で体調が悪くてもそつなく淡々と仕事をこなす同僚を見て、驚きと同時に心から尊敬しました。私にはどう頑張っても、あんな芸当はできない。

 

しかしこれがレアケースなら良いのですが、2,3ヶ月に1度体調を崩すので、どうにか攻略したいと色々やってみた結果、よかったこと。

 

それは、機嫌の悪い自分を受け入れることです。

 

これまでは、体調を、くずして機嫌が悪くなる自分に対して、「機嫌まで悪くしちゃダメでしょ。落ち着いてリラックスして。」と私自身をなだめていました。しかし、これだとうまくいかないのです。

理由を考えてみたら、自分の気持ちを否定しているからということに気づきました。ということは、まず一旦この気持ちを受け入れれば、うまくいくのでは?とやってみたら案外良い。

 

こんな風に、「いま、機嫌が悪くなってるね。体調悪いからそうなるよね〜分かる分かる。心地よいことを探してリラックスしよう」と、話上手な女子高生の会話のように、共感するのです。すると、スーッと落ち着いて平常心が戻ってきます。

まるで、(乗馬の経験は全くありませんが)あばれている馬を無理やり歩かせようとすると失敗するけれど、まずは撫でて抱きしめて落ち着かせてから指示を出すとすんなり歩いてくれるような、そんな感じです。

 

今さらながら、自分のご機嫌をとる方法がだんだんとわかってきて楽になってきました。

 

自分の機嫌をとるのに、遅すぎることはないのです。

 

 

今日も素晴らしい一日を。

 

実験、実験、実験人生。

ご覧いただきありがとうございます。

あやこです。

 

タイトルがなんだか演歌風になってしまいましたが、それはさておき。

 

最近、見えない力の本や、鬱になって復活した人の本を読んでいたら、ふと、人生って、実験しているみたいだなぁと思ったのです。

 

どうやったら上手く行くかな?

こうしてみたら、楽しいかな?

前の実験は失敗だったけど、なにが良くなかったのかな?

こっちの組み合わせの方が良いかな?

 

などなど。

 

人生の色んな試行錯誤は、まるで色んな化学物質を組み合わせて、実験しているようなもの。奇跡みたいな、ノーベル賞級のすごい化学反応を期待して。

まぁ、実際は、なにも起こらなかったり、ボヤ騒ぎになったり、ちがう結果が出てこんなはずじゃなかった、と落胆したりすることがほとんどなのですが、何回か実験していると、あ、コレ良いかも?と少し嬉しい結果が出たりするのですよね。これが見たいから、当たり前のように、つまらない事も、苦労もあるけど、実験がやめられないのです。

 

人生は、すべて実験。

白衣を着て、ゴーグルをつけて、研究室で来る日も来る日も実験する日々。こんな人生も悪くない。

 

 

今日も素晴らしい一日を。

 

行動力がアップする魔法のコトバ

ブログをご覧いただきありがとうございます。

あやこです。

 

夢や理想に近づくためには、行動が欠かせないと言われます。

地球は行動の星とも言われるくらい、いくら考えたり思ったりしても、行動しなくては意味がない

 

いや、わかってるけど。

わかっちゃいるけど、すぐに行動できないのが人間でしょ。

 

私もずっとそんな風に思って行動できなかったのですが、あるときすごい言葉を見つけました。それがこちら。

 

とりあえず

 

はい、「とりあえずビール」の「とりあえず」です。

この言葉、あまり良い意味では使われませんが、実はすごいパワーを秘めています。

 

行動できない大きな理由は、後先までいろいろ考えてしまうから。考えすぎなんですよね。ここが最大のジレンマ。人間は考える葦と言われるほど、考える事が大好きにもかかわらず、考えすぎて行動できないという現状に陥っているわけです。うーん、悩ましい。

 

そこで活躍するのが、「とりあえず」です。

人間だから考える事をゼロにすることはできないため、全く考えるな!というのは酷な話し。そこで、考えていても良いけど、まずは「とりあえず」やってみない?と自分に話しかけてみてください。

 

ま、とりあえずならやってみても良いかな。という気になったらしめたもの。ここで行動の一歩を踏み出せるのです。

大きな成功も、壮大な理想も、必ず最初の小さな一歩があったはず。最初の一歩がいちばん難しいものです。これが出来たら、ぐんと理想に近づいていきます。

 

 

行動するためには、かっこよくなくて大丈夫。適当に「とりあえず」でOK。だって行動しても、行動しなくても、とりあえず結果が出れば良いのですから。行動までの過程がカッコ悪くたって誰も気にしません。

 

よく、アイドルが何で芸能界に入ったのですか?と質問されて、なんとなく、知り合いにオーディションの応募用紙を送られて、、なんて答える人がいますが(事実は何であれ)、そんな理由でよいのです。

 

何で行動に移せたの?と聞かれたら、アイドル張りに、なんとなく、とりあえず初めて見たら上手くいって、、、と答える日も近いかもしれません。

 

 

今日も素晴らしい一日を。

 

 

 

 

 

過去の自分は、褒めて、褒めて。


f:id:ayakoendo:20240410230534j:image
ブログをご覧いただきありがとうございます。

あやこです。

 

過去の話しをクヨクヨ悩むことはありませんか?

私はしょっちゅうあります。笑

 

物心ついてから30年以上この性格ですが、ふと今更ながら気づいたのです。

 

過去の自分をいくら悔やんだり責めたりしても、未来は何も変わらないみたい。

 

むしろ、過去の自分は褒めた方が、未来もプラスになることが分かってきました。

 

ずっと自分を責めることに慣れていたので、初めは褒めることに違和感を感じるかもしれませんが、とりあえずマイナスなことを思いついたらプラスに変換してみてください。

 

例えば、あの時あの人に嫌なこと言ってしまったなぁと悔やんだとすれば、私はあのような場面で心にもない言葉を言ってしまうことがあると分かっただけでも、良かった。次気をつけよっ。

というふうに、失敗も経験としてプラスに変換するのです。

 

自分のことはせめてばっかりですが、もし相手が自分ではなく親友だとしたらこんなに責めたりはしないと思うのです。

きっと、「そうだったんだ、でも○○ということがわかってよかったじゃん、次気をつければいいよね」と明るく返すはず。

自分も大切な親友だと思えば、強く責めることも減ると思います。

 

自分に甘くというわけではありませんが、過去の自分にネチネチと暗く当たるのではなくて、サラッと明るく返す気持ちでいたいと思います。

少なくとも、その方が未来が良くなる気がするから。

 

今日も素晴らしい一日を。

 

「自分カルテ」で心身ともに整う

ブログをご覧いただきありがとうございます。

あやこです。

 

 

病院へ行くと、患者さんの状態を記録する「カルテ」がありますよね。

そのカルテを、自分で書いてしまうってアリなのではないかと。別の言い方をすれば、自分の取扱説明書を作るような感覚です。

 

自分はどんな時に落ち込んで、何をしたら回復して元気になるのか。

 

カルテはクリニックの看護師さんやお医者さんだけじゃなくて、自分で書いてみると、冷静に見つめられます。なにより、ストレスが原因の体調不良になる前に気づけることが大きい。予防として、心身ともの状態を把握して整うことができます。

「自分カルテ」で心身ともに整っちゃおう。

 

 

今日も素晴らしい一日を。